電子書籍部ログ

  • 気になる『村上さんのところ』 (2015.05.13)

    今年のゴールデンウィークも終わった。

    何日かは出社していたが,それでもいつもよりは時間の余裕があったので,久しぶりにネットで電子書籍関係の情報収集をしてみた。

    「おっ」と思ったのが,『村上さんのところ』の電子書籍化だ。

    村上春樹氏が数か月の期間限定のサイトで,一般の人たちから寄せられた相談に答えるということをやっていた。
    その内容を,紙の書籍と電子書籍の両方で出版するという。
    寄せられた相談は37000以上。
    そのうち3500ほどに村上氏が実際にサイト上で返答したが,そのすべてのやり取りを電子書籍化するのだそうだ。

    おもしろい。

    紙の書籍は,400~500程度のやりとりを収録とのことなので,電子書籍版は大量の文字情報をコンパクトに収容する,「電子書籍ならでは感」がはっきり出せる。
    紙の書籍の電子化という形とも一線を画すものだ。

    この作家ならどうしても読みたいという人が,初めて電子書籍を利用することになるかもしれない。
    電子書籍ユーザーの増加にもつながる可能性もある。

    紙の書籍の7~8倍のボリュームだが,ファンなら苦にするどころか,大歓迎なのでは。
    (もっとも,コアなファンはサイトオープン中にずっとライブで読んでいたのだろうが。)

    発売は7~8月予定。
    作者の知名度・人気という点から考えて,出版されれば話題になるだろう。
    電子書籍としてどんなインパクトがあるのか,気になるところだ。


ページトップへもどる


© 2013 JALEX. All rights reserved.