電子書籍部ログ

  • パソコンで電子書籍が読める─ようやくKindleも (2015.02.25)

    今年の1月にはKindle for PCの,2月にはKindle for Macの日本語版がAmazonから提供されるようになった。
    この電子書籍リーダーアプリをインストールすれば,Kindleストアの電子書籍をパソコンで読むことができる。

    やっとか,と思ったAmazonユーザーも多いのではないだろうか。
    場所を取らない電子書籍はいいな,でもスマホの小さな画面で本を読む気はしない,わざわざ専用端末を買うのも…,ほかのストアはもうPC用のアプリを出しているけど,どうせKindleだってそのうち出すだろうし,だいたいデジタル商品なのになんでパソコンで読めないんだ,と思っていた人が。

    もちろん外出先で読書をするなら軽くて小さいスマホや専用端末が使い勝手がいい。
    しかし読書する場所が家ならPCの大きい画面の利点は多い。
    まず操作が楽。
    難易ということではなく,ちまちま画面を動かさずに済む。
    少し前に書かれていたことも目に入るので,文脈の確認もしやすい。
    写真やイラストなども適切な大きさで見られる。

    上記の利点に加え,普及している台数でも専用端末やタブレットより,置いて使うパソコン(ノートブックを含む)のほうが今のところ上回っていると考ると,シェアの大きいKindleのアプリ提供で,電子書籍を読むのに使う端末の勢力図が変わる可能性もある。

    仮に電子書籍を読む端末がスマホとPCに二極化するなら,作る側の紙面づくりにも影響を与えるだろう。
    今はどんな端末でも読めるようにという方向での電子書籍化が主流だ。
    特に,小さな画面のスマホで読まれることへの配慮は大きい。
    これが,内容によってはPCの大画面を前提とした紙面づくりもありということになる。
    紙の本が必要に応じていろいろな判型を発生させてきたことを考えれば,むしろ自然な流れかもしれない。

    うちの電子書籍もKindleやスマホの小さな画面に情報が納まるように調整して作ってきた。
    パソコンで読む人がある程度多くなるなら,用例などを加えた改訂版も検討したい。

    電子書籍の販売面では,Kindle以外の電子書籍ストアの多くが先行してパソコン用のアプリを提供していたが,この点でのKindleに対してのアドバンテージがなくなったことになる。
    顧客確保のためのサービス合戦が激化するのか,淘汰が進んでいくのか。

    いずれにせよ電子書籍を作る側からしても,読むためのプラットフォームが増えるのは歓迎だ。
    電子書籍を読むことのできる層の拡大は,電子書籍市場の拡大に直接つながるであろうから。


ページトップへもどる


  • 会社,引っ越しました─ここにもプロが (2015.02.17)

    予定通り2月11日に会社を移転し,翌日から通常業務を再開している。


    引越しに際してはいいものを見せてもらった。

    うちは社員は7名だが,仕事がら荷物は多い。
    特に書籍や書類が多いため,箱詰めにした段ボールも重たいものが大半だ。
    その段ボールが約250。
    (事前の業者の見立てでは300くらいいくのではということだったが,こちらもこの機会に紙類は思い切ってかなり処分した)

    本棚や机などの什器は約50。
    これにPC,コピーファックス複合機,冷蔵庫などの電気器具や箱詰めのできない物品が加わる。

    前日にすべての梱包とラベル貼りが終わって眺めたときの,圧倒的な物量。
    これを明日1日ですべて移動し,再配置するのだ。
    現状より広い部屋にゆったりと置いていくわけでは決してない。

    引っ越し業者のおおまかな予定では,9:00開始で新事務所への搬入終了は15:00。
    搬入先にエレベーターが1基しかなく(搬出側は2基),ほかの入居者(5階以上は居住用マンションとなっている)の使用が優先となるので,どのくらいスムーズに事務所のある4階にモノを上げられるかがポイントとなる。


    当日予定通り9:00に開始。

    トラック3台と人員12名がやってきた。

    2人の年配のベテランが搬出地と搬入地の現場を仕切り,指示を出す。
    作業員も若者だけではなく,中堅どころといった感じの人も混じり,指示への反応も遅滞がない。
    積み込みを終えたトラックから出発し,10:00前には新事務所への什器の搬入が始まった。
    大形の什器はひとつずつしかエレベーターに載せられないので,さすがに少し手間取ったが,その後はギアが一気にあがり,流れるように荷物が運び込まれていく。

    途中,1度だけ短い休憩をとって,あとはノンストップ。

    観葉植物を運ぶのに,梱包用の段ボールを切って,プチプチした緩衝材と組み合わせて即席の保護箱を作るなど,小技も効いていた。

    搬入まで3時間余り,予定を大幅に前倒して,正午過ぎに業者たちは作業を終えて立ち去った。

    おかげで午後からは荷ほどき,電源やLANの室内配線,通信環境の復旧に着手でき,19:00前には終了。
    搬入が15:00までかかっていたら,終わりは22:00というところだっただろう。

    これまでの事務所移転では大手の運送業者に頼んだが,今回お願いしたのは地場の業者。
    やるものだ。

    十分な人員が効率よく動く仕事ぶりに,こちらも刺激を受けた一日だった。


ページトップへもどる


© 2013 JALEX. All rights reserved.