電子書籍部ログ

  • ボーンデジタルな電子書籍出版という選択─その4 (2013.03.27)

    現物はとりあえず確保した。

    ゆっくり,店頭のデモ用実機を見てみるとしよう。
    電子書籍専用端末をじかにさわるのは初めてだ。




    …!

    …!!

    …!!!


    Kindleの画面には縦書きの日本語の文章が表示されていた。

    しかし,頭の中では今回のうちの企画の紙面が映し出されていた。
    目の前の画面に投影されているかと思うほど鮮明なイメージだ。

    画面のサイズ,
    モノクロの色調,
    フォントの表示,
    ページのめくり,
    …いい。

    これなら,企画のゲームっぽい雰囲気も増幅されるし,
    余白の多さもさほど気にならない。

    紙版の書籍にこだわらなくても…
    いや,むしろこちらのほうが…。

    手持ちの企画の材料を,KindleのPaperwhiteで読めるようにする。

    その発表の手立てとして,Kindleのダイレクトパブリッシング。

    脳が作業のシミュレーションを始めていく。

    あれはあれして,こうなって…。





    ああ,やれるな,これ。


ページトップへもどる


  • 桜の咲くころに… (2013.03.22)

    合わせて出す予定だったのですが,桜がフライングしました。

    『3 letters, xxx words』の準備が大詰めを迎えています。

    恒例なのでを中身をチラッと。


    di□
    ① 【動】doの過去形
    ② 【動】死ぬ;〈植物が〉枯れる;消滅する
    ③ 【形】〈光などが〉薄暗い;ぼんやりした 【動】薄暗くなる
    ④ 【動】(液体に)…をちょっと浸す;下がる;〈太陽が〉沈む


    答えはいつものようにWebで,15行後。















    ① di[d]
    ② di[e]
    ③ di[m]
    ④ di[p]


    3文字なんて,と甘く見ていると,痛い目に…。


ページトップへもどる


  • ボーンデジタルな電子書籍出版という選択─その3 (2013.03.19)

    2012年の10月下旬,AmazonでKindle Paperwhiteの日本発売の予約が始まった。
    11月19日の発売日前に,初回出荷分はアマゾンのサイトでは売り切れとなっていた。
    次回入荷は年明けだという。

    アメリカで先行発売されていて,評判はネットなどで多少目にしていたが,
    売り切れるほどのものなのか?

    見てみたい。

    予約をしていなかったので,Kindleを扱う家電販売店で手に入れるしかない。
    会社があるのは池袋だ。
    ビックカメラの店舗がいくつもある。

    発売当日。
    なんやかんやで昼を過ぎてしまったが,
    会社にもっとも近いビックカメラの店舗に問い合わせをしてみた。

    「すみません。売り切れました。
    ただ,今なら本店にのみまだわずかに在庫があるようです。
    取り置きはできませんので,直接お店に出向いていただかないと」

    急いで会社を出て,店に向かう。

    エスカレーターで電子機器の販売フロアへあがると,Kindleの特設コーナーがあった。
    混んでいるというわけではなかったが,数人がデモ用の実機をさわっている。

    まずい。先に確保だ。
    店員に在庫の有無を尋ねると,Wifiタイプならあるとのこと。3Gタイプは売り切れだ。

    「じゃ,それください」

    ─あと少し続く


ページトップへもどる


  • ボーンデジタルな電子書籍出版という選択─その2 (2013.03.13)

     「企画が通るのは難しいであろう」
    率直な,こちらとしての感触だ。

     もっと食いつきの良かった企画でも,
    結局,出版まで至らなかったことは何度もある。

     別の持ち込み先も考えなければならないか,
    とも考えながら,出版社からの返事を待つこととなった。

     この企画の準備・提出を行った時期とちょうど重なるように,
    出版界では“電子書籍”が,かつてない盛り上がりを見せはじめ,
    それは一般的な話題としても注目を集めていた。

     ブックフェアでは専用の会場が設けられる。
    楽天からKoboが発売。
    アマゾンのKindleの日本上陸予告。
    凸版印刷グループによる電子書籍用端末投入の発表。
    電子書籍を読むためのインフラ整備が,
    一気に進められているという感があった。

     そこでひらめいた,…という流れではない。

     うちも書籍がらみのデジタルデータを扱っているので,
    電子書籍についての情報収集は行っていた。
    上記のブックフェアのようなイベントにも足を運んでいる。
    とはいえ,まだあくまで電子書籍関係の依頼などがあった場合への“備え”という意識だった。

     のちに利用することとなるKindleダイレクトパブリッシングについても,
    情報としては触れていたものの,どちらかといえば,
    うちの業務にはあまり関係のないものと,
    うっすらと記憶にとどめていたにすぎない。

     その意識はまもなく変わることとなる。

    ─さらに続く。


ページトップへもどる


  • 予告どおり (2013.03.08)

    おかげさまで『6 letters, 1800 words 6文字の英単語どのくらい知っていますか』
    が無事に発売のはこびとなりました。

    発売記念サービスとして,本書からもう1題ご紹介。
    前回紹介したものより,ちょっとむずかしいやつを。


    □a□age
    ① 【名】被害,損害;心の傷 【動】…に被害を及ぼす;…を傷つける
    ② 【名】車庫;自動車修理工場
    ③ 【動】…を何とか成し遂げる;…を経営[運営]する;…を管理する
    ④ 【形】残忍な;獰猛(どうもう)な;野蛮な 【名】野蛮人


    答えは今回もWebで,15行後。















    ① [d]a[m]age
    ② [g]a[r]age
    ③ [m]a[n]age
    ④ [s]a[v]age


    チャレンジャー魂がうずいてしまったあなた,
    Amazonへ急げ!


ページトップへもどる


  • ボーンデジタルな電子書籍出版という選択─その1 (2013.03.06)

     さて,原稿のめどはついてきた。
    時間の流れとしては,企画を考え始めてからここまでで,ほぼ1年がたっている。

     ほかの業務もやりながらなので,まあそういうことだ。

     企画書をまとめて,ページサンプルを作って,どこか出版社へ持ち込む段取りへ。

     そう,『4 letters, 1000 words』は元々紙の書籍として企画した。
    「電子書籍やスマートフォンのアプリなど,デジタル商品への展開が容易」
    そうした内容であることを,企画書内でうたってはいるものの,
    この時点では,あくまで紙の書籍があってのデジタル商品,という考えだった。

     某日,おつきあいをいただいている出版社に企画を持ってうかがった。
    語学書を多く出されているところだ。

     企画書,見本ページ,若干の原稿生データなどを見せて,説明をする。
    反応は悪くはない。

     「なるほど,このシステムだと,知っている単語でも,すぐには出てこないかも」
    と,クイズ性・ゲーム性の評価もいただいた。

     とはいえ,すんなり出版企画として通るかとなると,話は別だ。
    ここ何年も,書籍出版の企画を出版社に持ち込むと,ほぼ決まって出てくる言葉がある。


    「本が売れない」


     もちろん売れている本はある。
    だが,売れていない本ははるかにある。

     おもしろいのに,売れていない本。
    よい内容なのに,売れていない本。
    珍しい存在ではない。

     売れないのが普通という状況下で,本を出す。
    当然ながら,出版社の姿勢は慎重だ。

    「少し検討させてください」
    そう返事をいただいた。

    ─つづく


ページトップへもどる


  • 緊急速報! (2013.03.04)

    『6 letters, xxxx words』近日発売。

    何wordsかは見てのお楽しみ。

    中身をちょっとだけご紹介。

    小手調べに,こんなのが入っています。


    □inger
    ① 【名】歌手
    ② 【名】(手の)指
    ③ 【名】ショウガ 【形】〈髪などが〉黄[赤]褐色の
    ④ 【動】いつまでも残る[消えない];居残る,ぐずぐずする


    答えは本を買って……

    あ,いや,Webで,15行後。















    ① [s]inger
    ② [f]inger
    ③ [g]inger
    ④ [l]inger


ページトップへもどる


© 2013 JALEX. All rights reserved.